新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人活動

Posted by JUNE on   1 comments   0 trackback

昨日は、メンバーのソロのお仕事情報が続々と。

どんわんのミュージカル出演が発表になったのと
ミヌのグラビアとインタビュー記事が掲載される
BAZAARという雑誌が発売になり、
そしてえんでぃは日本で来月にペンミをやると。

へそんのキャンプ詳細は来週のアタマあたりに発表になるのかな?

となると、何も聞こえてこないじんちゃんとえりっくは
どうなってるのか余計に心配に。

574558_625803064107398_1151072997_n.jpg

이민우의 춤추는 인생
여성잡지 BAZAAR 10월호에서 엠쌀로를 만나실 수 있습니다.

M in Magazine BAZAAR (OCT)


「イ・ミヌの踊る人生
 女性雑誌BAZAAR 10月号でM STYLEに出会うことができます。

 M in Magazine BAZAAR(Oct)」

ミヌのことは、少し前に「でんしん9」のことを詳しく書きたい、と
ちょこっと触れたんですけどね
管理者様のせいでなかなか・・・(笑

番組を全くごらんになっていない方のためにちょっと説明しますと、
「多様なジャンルのダンサーのサバイバル番組」のマスターとして
ミヌが出演しているのが「댄싱9」というMネットの番組です。
ミヌ達4人のマスターが率いる「レッドウィングス」と
5人のマスターが率いる「ブルーアイズ」が
まずは自分達のチームに必要なメンバーを選び、
途中でメンバーチェンジや脱落などもありながら
個人の技量はもちろん、チームとしての勝利に向かってあれこれと
駆け引きしつつパフォーマンスを披露していくんですね。
パフォーマンス自体もとてもすごいんですけど、
そこにある人間ドラマなどにもスポットをあてた番組でもあって
見てると引き込まれます。

マスターというのは、審査員であってアドバイザーであって出演者の心の支えにも
なって……という、誰にでもできるわけではないお仕事だと
ミヌを見てると思います。
マスターの中には、自分の好き嫌いをはっきり出す人もいるんですが
ミヌは基本的に中立の立場で冷静にコメントしてるんですよ。
「ここがだめ」という的確なアドバイスができることはもちろん、
ダンサーの人間性にもちゃんと目を向けて
これからも踊り続けてほしいという気持ちをもって
真摯に励ましてあげているミヌを見てると
きゅんきゅんします。

私はダンスのことなんて全く知らないので
カットラインのイン(合格)かアウト(不合格)かを決める発表があっても
そんなもんなのかなあ、と思うのですが
マスターには、個人的な思いいれなどもあることでしょうし、
身を切られるような思いをすることもいっぱいあるみたいです。
実際、自分たちが練習生のときにダンスの先生だった人が出場している
そしのユリは、その先生を落とさなければならない場面では
ものすごい泣いてました……

で、ミヌもそんなふうに落とさねばならないときに
かけてあげる言葉が優しいのです。

「僕は、簡単に諦める人は好きじゃありません。
 これからも踊り続けてください。」

みたなことをさらっと言ってあげるのですが
コレが本当にかっこいい!!
私もそのアウトになった人の気持ちになって
一緒に泣きました←

いくら自分の技量があっても、チームとしての完成度やバランスというのは
ダンスが自己満足のものではなく、人に見せるものである以上
どうしても求められるものみたいです。
みぬも、シナのメンバーがまああれなので(ごめん、わんしょん←名指し
いろいろ今までに葛藤してきたんでしょうね。
でも、今は自分のレベルに合わせさせることではなく、
それぞれのよいところを生かしながら全体としての調和を
大事にしてるのが分かるじゃないですか。

出演者たちもそんな葛藤を抱えながら、
自分を抑えてチームに貢献できる人と、自分が自分がとなる人とがいるのです。
で、前者はやっぱり勝ち残っていくんですよね。
シナの中でもいろいろぶつかり合ったり、譲り合ったり、助け合ったりというのを
してきたミヌにとってはやっぱり残してあげたいのは前者でしょうね。
「自分のチームで落としてもいい人は?」って
他のマスターが質問したときに、助け舟を出してあげたミヌは
さすがだなあと思いました。
シナは6人のだれが欠けてもシナじゃない、という覚悟を共有していますが
たとえ1回限りとはいえチームとなった彼らに
そういう選択をさせるのは酷だと身を持って知ってるからこそだなあと。
ほかのマスターが「キャプテンはときに辛い判断もしなきゃ」と
言うのですが、シナはそういう辛い判断をしなくて済む方法を
なんとか見つけてやってきた人たちなんだと改めて
シナのすごさを実感することもあります←結局いっつもそれ(笑)

4人のマスター陣の中でも、みぬは潤滑油的な役割をしているように
見えます。
チームへの愛情も深くて、チーム戦のときには
はじまる前からうるうるしているようなミヌを見ると
さすが私達のミヌ!!とすごい誇らしい気分になるのです。

正直、この番組には最初さほど興味なかったのですが
友達がぜひ、と言って録画したのを貸してくれたのですよ。
で、まんまとハマりましたww
(あ、まだ6までしか見てない時点での感想ですが)

ま、とにかくミヌはこれからもこういう後進の指導とか
プロデュースとかでも十分に力を発揮できる人だということが
よく分かります。

無理やりBAZAARに話を戻すとwそんなミヌの踊り続ける人生についての
インタビューみたいなのでとっても興味ありです。
どこかで翻訳出るの、楽しみにしてましょう。


さて、次はどんわん。
「壁抜け男」というミュージカルだそうです。
どんわんのヘドウィックは本当に良かったので
これも期待してます。
(2年前の感想などはよろしければ、こちらでどうぞ)

11月から1月までのけっこう長い期間やってるみたいなんで
どこかで行けたらいいなあ……とか思いつつ
公演日程や内容の詳細がなにもまだ分かっていない(ヲイ


で、えんでぃですが。
10月25日(金)に東京で「お久!ANDY」というペンミ開催だそうです。
なにをやるんでしょうね?
山野ホールのHPでセレモニー形式というので見ると、
1000ほどのキャパみたいです。
たくさんのファンが集まるといいですね。

そして、あとはまったくなにもないじんちゃんが
何をしてるのかが気になります。

あ、そうそう昨日の管理者様は、google翻訳機の性能証明のためか
ものすごい数の言語でコメント入れてましたね(笑
ファンとも交流してくれてありがたいのですが
そろそろ管理者様が映画かドラマでかっこよく活躍する姿も
見たくなってきました。←強欲ですいません

ドラマとか見てて、良い役があると「えりっくにやってほしかった……」と
つい思ってしまって。
今、私がめっちゃはまってるのが「주군의 태양」という
ラブコメっぽいドラマなんですが
これエリックが出てもすごいハマリ役だったろうなあと
いちいち思ってね……

ま、とにかく、じんちゃんとエリックご本人のお仕事情報も
よろしくお願いします!!


PS 拍手コメを入れてくださる方へのお返事をいつも次の記事に書いていたのですが
  当該記事のコメント欄に書かせていただくことにしました。
  最近は、えりっくのおかげで毎日更新していますが
  更新の間があくことも今後けっこうあると思うので……
  というわけで、拍手コメをしてくださった記事のコメント欄を
  見ていただければと思います。
  
スポンサーサイト

Comment

JUNE says..."鍵コメ(あ)様♪"
(あ)様、おひさしぶりです!!
だんしん9、面白いですよね~
きっとどのお方もダンスはとても上手なんでしょうけど
ダンスって技術だけあってもダメなんですね……
短時間でアイデアを出して、それを周りの人の意見と折り合いつけて、
振り付けを覚えて、それを見せる形に仕上げてって、といろんな能力が必要で。
番組自体の編集もうまいですし、
出演者のキャラもそれぞれ興味深くて私もとっても楽しんでおります。

あまり努力してない人にはけっこう辛らつなときもありますが
やっぱりダンスを好きだという気持ちを感じる出演者には
ミヌも優しくて、そしてこれからもそれを大切にしてほしいという
あたたかい気持ちを持って送っているんでしょうね~
見るたびにマスターミヌに惚れなおします。
かなりの長時間に及ぶ審査などで、見るからに疲れてる表情なのに
(ミヌって疲れてると、目が片方だけ二重がはっきりするww)
丁寧にチェックしてコメントして、っていう姿がね、
たしかにこんなステキな上司がいたら、
仕事も楽しいでしょうね~

韓国ではファイナルまで来て、青2勝、赤1勝だそうで
10月5日の最終までドキドキですね★

私はかなり遅れてますが……(汗
2013.09.19 11:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/941-c5d30b03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。