新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話放送23回

Posted by JUNE on   0 comments   0 trackback

さて、ちぇごえちんぐの続きです。

22回の「利口な友達がいい」のクイズがまだ続きます。

一度、ほとんど書きあげたレビューがPCの問題で消えてしまって
ほんとうにがっくりだったのですが・・・
あれこれわからないところとか調べて書いてたので無駄にするのもなあ、と
毎回ほどの粘着質な感じではなく、さらっと覚えてるところだけでも
書き留めておくことにします。

あああ・・・それにしてもショックだ。




前回のラウンド3の続きです。
③の問題は、童謡「花畑(꽃밭에서)」の歌詞について。
 次の花のうち、「花畑」に出てこない花はどれか?という問題。
(1)나팔꽃 あさがお  (2)채송화 マツバボタン  (3)무궁화 むくげ

ちなみに、「꽃밭에서」の一番の歌詞は、こんなかんじです。

아빠하고 나하고 만든 꽃밭에
채송화도 봉숭아도 한창입니다
아빠가 매어 놓은 새끼줄따라
나팔꽃도 어울리게 피었습니다

「むくげ」は、韓国の国花だそうで、ひっかけ問題だったのかも。
えりっくは、最後のところを♪な~び はんまり~ と機嫌よさげに歌ってましたが・・・
ま、アメリカ育ちですからね。

でもここは、へそんさんのアドバイスもあり、(3)を選んで正解。

そして、脱落者を決めるところでは、じにの「もう、方言問題はないだろう?」という言葉で
みぬが落とされることはほぼ予感でき、そのとおりの結果に。


続いて第4ラウンドへ。

①「男児は、何歳まで女湯に入ることができるか?」という問題。
(1)5歳未満  (2)6歳未満  (3)7歳未満

MCさんが、脱落者チームに何歳までおんまと女湯に入っていたかを質問。
みぬさんは7歳、どんわんは小学校1年生まで。
どんわんは、当時好きだった女の子に女湯で会ってから恥ずかしくて
女湯に行くのはやめたそうです。
脱落者チームは、6歳だ、7歳だ、などといっておりましたが
ここは、えりっくの意見に弟たちが従う形で、「5歳未満」を選んで、正解!

どんわんんが「じゃ、みぬと僕は犯罪者?」というと
へそんが二人を連行する小芝居つきww
字幕では、この法律が施行されたのは、2005年10月から」と出てました、ほっ。

②自動車をバックで運転するときは、シートベルトは締める必要があるか?
 という○×問題。

全員が「×」を選んで、不正解。

じにが、「釜山までバックで運転していけばシートベルトしなくてもいいの?」
とやや怒り気味。「やってみれば?」的な反応をされ、
「かやじ~」とかわいく答えてるのがめっちゃ受けます。

③韓国の紙幣には、その肖像が描かれている母子がいますが
 二人が描かれている金額の合計は?

これは、5万ウォン札に描かれている朝鮮時代中期の女流書画家、申師任堂と
5千ウォン札の肖像となっている儒学者・栗谷李珥を指すようなので、
正解は5万5千ウォンです。

でも、全員あんまりお金は現金で持たないのか?よくわからない風。
「電話チャンスはないんですか?」とじにが掛け合ってますが
(日本のクイズ番組にもたまにありますが、分からない問題について
 知人などに電話して答えを教えてもらうシステムのようです)
「メンバーチャンス」をもらいます。

ただ、メンバー言うても脱落者たちですしねwwあまり期待できません。

案の定、100ウォン札じゃないの? キムユシン将軍の・・・という具合。
(100ウォン札は現在流通してないです)

自力で「5万5千ウォン」と答えて、正解。

またここで脱落者を決定するのですが・・えり以外の弟たちがえりの名前を書いて
えりが脱落。
でも、名前を書いてるボードの文字もはっきりしないうえに、
字幕も入ってないので、なんだかよくわかりません。

スタッフももう飽きてきてたのか・・・←

でも、えりが脱落者席に向かうときの、みんしょんに注目。
えりのおしりについてにやにや話してます。
なんて言ったんでしょうか!?唇読術がほしい・・・

最後の5ラウンドは、じんでぃの対決。
MCさんに得意分野を尋ねられた二人は、えんでぃが「スポーツ」、
じには「いろんなところに関心があるけど・・・文化?」

へそんの呆れた顔が写ってます。

で、そんな文化問題が得意なじにに有利な最終問題。

イウェスさんという方の『感性辞典 감성사전』という本からの引用です。
この本、身の回りや日常生活のいろいろなものについて、
彼なりの感性で説明をした本らしいです。

クイズでは、イウェスさんの書いた説明文のほうを読み上げて、
何について書かれたのかを当てるようです。
ただ、説明文のほうがイマイチ意味がわからず・・・
また調べてみなければです。

答えは4択で、まずじにが適当に選んで外し、次にえんでぃが選んで外し、
最後にじにが棚ぼた式に正解をゲット。

優勝者は、じにに決定。
そして、50名の男性陣への差し入れをする権利も得ました。

ここでまた移動タイム。
HS 7→4
JJ 6→14
E 9→9
A 6→3
MW 9→7
DW 11→11

男性陣、じにの優しいところに惹かれたんでしょうかね?
ちゃんと見るべきところはみてるんですね。
しかし、どんわんマニアたちの団結力もなかなかのもんですww

へそんのところからみぬのところに行ったなむじゃは、
「へそんさんのこともずっと見てますが、みぬさんの男らしいところがいい、
 へそんさん、おもしろくない」だそうで。
・・・そうですか、へそんさんも意外と男らしいんですけどね、
しかもある意味おもしろいんですよ。

それから、しばしの休憩タイム。
みなさんがおやつを食べてる場所にジニが「神話を代表して挨拶に来ました」と。
預かってきたソンムルやぴょんじなどをじにが受け取ってますが・・
みぬさんへ、とか、ぴるぎょさんへ、などですww
でも、気を悪くするふうでもなく、本当に来てくださってありがとうとざいます、という
ナイスな態度で接するじにはえらいです。

「ここで、みなさんが彼女や姉妹などに言われてやってきた方いらっしゃいますか?」
とじにが尋ねると、ほとんどの方が挙手。

そっか、この方たちは彼女や妹、姉などに言われて来た方たちだったのですね。

ひとり、8歳の娘に頼まれて来た、というお父さんから
娘さんの描いた絵を渡されると、本当に感激した表情してましたよね。
収録が再開したあとも、メンバーから「どうもありがとうございました」という言葉が。
あっぱもうれしかったでしょうね~


次が、「同じ考えの友達がいい」という二択問題。
会場のみなさんも事前にその問についての答えを選んでいて、
多い方を選択した人の勝ち、というゲーム。

最初は、友達と飲んでいるときに彼女から電話があって来てと言われたらどうする?というもの。
友達と飲み続けるが、わんじん。
彼女のところに行くが、りくみんしょんでぃ。
へそんさんは、若い頃は友達を選んでたけど、今はそういうことを後悔してるそうです。

じには、彼女も友達も大事にしたいからだと思うのですが、
彼女も一緒に飲めばいい、とか彼女の家で飲めばいい、とか言ってます。
その気持ちはわからんくもないけど・・女子の立場からしたら
一番ありえん、じゃないですか?
本人は良かれと思ってしてることだろうけど、結局は自分だけが気をつかて
しかも彼女も友達も内心はしらけていて
一番疲れちゃうタイプな気が・・すまぬ、じに。

どんわんは、そもそも彼女とのんだって楽しくもないだろ、
飲むのは男同士!!
と言い切っておりますww

ま、でもこのコーナーのポイントは昨日もあげたあの写真ですよ。
へそんの隣にやってきたえりっくの嬉しそうな姿( ̄∀ ̄)

会場は友情を選んだ人のほうが多くて、このゲームはわんじんがゲットでした。

二つ目の質問は、彼女の浮気を一度だけなら許すか否か。

どんわんが「一度だけなら許す」というと、さっそくMCさんから
「そういう経験があったんですか」というツッコミ。
どんぐむ、苦笑い。

「彼女がほかの男と飲みに行ったことがあったけど、
 自分も彼女が知らないところでほかの女のこと飲みに行ったから
 同じだし、と」

と経験談も話しております。

えりっくは、起こったことはなかったことにはできないから、と許さないほうに。
意外とそういうところは、固いのですね。

みぬは、一度ならゆるして、そのときのことは忘れる。

じには、以前そういうことがあってすごい好きだったから許したけど、
一度そういうことがあると、たとえ彼女が浮気してるわけじゃなくても
疑ってしまうようになるので、今なら許さない、だと。

ここで、会場の男性からの意見があり、その方はさっきじにに手紙を渡した
女の子のお父さんでした。
彼がそう名乗ると、えりっくが「手紙ありがとうございました」と。
みんなでちゃんと読んだようですね。

で、「娘さんにビデオレターを」と振られたお父さんは、
「娘にではなく、神話のみなさんに言いたいことが・・・」と
娘さんがどれほど神話を好きかということを述べております。
いい人だねえ。

「娘は、ちょんじんおじさん、妻はみぬさん、そして私はどんわんさんが好き」
ということを言い出すww
どんわんが、「じゃ、なんでそこ(=ちょんじんのところ)に座ってんの?」と聞くと
「ここに座るように娘に言われたんです」だそうで・・・

あぼじの愛ですねえ。

で、結局、みんしょんじんが選んだ「許す」が23票と
りくわんでぃが選んだ「許さない」27票で、「許さない」の方が多数派でした。
(ちなみにへそんさんは、「愛はなによりも大事」だそうです)

この「同じ考えの友達がいい」は、じにが両方当てたので、じにの勝ち。



お次は「説得力のある友達がいい」ということで、法廷形式で
あるお題に対して賛成、反対を述べる「神話法廷」。
でも実質は、スピーチチャンネルのときといっしょで、内容は使い回しですww

ただ、賛成、反対それぞれに椅子が3つずつしかなく、
どちらにつくかは早いもの勝ちということで。

お題は、「ぱくちゅんじぇは、彼女のかんじよんとカップルで携帯の12ヶ月契約をした。
しかし、ふたりは2ヶ月で別れてしまった。ぱくちゅんじぇは、そのあとのかんじよんの携帯料金を
払うべきか、払わなくてもよいか」

りくわんしょんが「払うべき」、みんじんでぃが「払わなくてもよい」。
最初にえりっくが「付き合ってるときに、料金を支払う能力があったってことは、
別れてもそのお金はあるわけで、払うべき」←途中でじにが「ありません!」ww

えんでぃが「ぱくちゅんじぇくんは、公益についている間、1ヶ月7万ウォンで
働いていて、その間は、ローンも組まなければなりませんでした。」
じにが間に「すごい大変だったんです、50万ウォンのローンですよ」
えんでぃ「その返済が大変なんです」
じに「これを法廷で言うつもりはなかったんですけど・・・」と泣き真似。
どんわん「法廷で泣くのか!?」と、怒ったふうに言い始めたわりには、
「感動したよ」。。裁判長も苦笑い。

で、ここからじにが、かんじよんさんとの付き合いについての
作り話をしているのですが・・・へそんさんは「意義あり(←聞いたセリフだw)」
その話には一方的なもので信じられない、と。
みぬからは、かんじよんさんは、「꽃뱀」で(韓国語でいう、金持ち男性に取り入って
お金を巻き上げる女性を指すそうです)今までも、車やブランドバッグ、ブランド時計を
ねだられた、とか言う方向に話がどんどんそれていくのですが・・
それを証言するために、彼女が法廷に呼ばれるのです。
(単なるスタッフのひとりみたいです)

彼女がアタマがよく、美しく、そしてリッチであること、
そして男がほうっておけないタイプの女性であるゆえ
今までにもウォンビンやカンドンウォン、チュジンモさんさえもが
彼女を追いかけていた、ということをじにが遠い目で語ります。←もちろんその場での創作ww

そして、いよいよ大詰めというところで、
「この裁判を起こしたのは、君に会うためだったんだ」
というストーカーちっくな発言や、「これからも君のためにお金をはらいつづけるよ、
幸せにね」という独白でおしまい。

。。。ってなんや、それ!!と本来の趣旨からはまったく離れたところで
終わってしまったせいか、だれが勝者なのかという発表もなくですね、
これは企画倒れだったようですよ。


最後に「質問コーナー」。
一番目の方は「もし自分に妹がいたら、メンバーのうち、誰を紹介したくないか」。
この問には、わにが「みなさんは自分たちを見て、変なやつらだと思っているかもしれないけれど、
ほんとうはみんないいやつなんですよ。」的なことを言い、
「へそんとえりっくなら本当に紹介したい」と。
紹介したくない、ではなくて、積極的に紹介したい相手としてりくしょんをあげている理由は、
「二人とも、彼女にはとても尽くすから」だそうで・・・

どんなふうに尽くすとかは、あまり想像したくないので、
りくしょんがお互いに尽くし合ってることにしておきましょう。

えんでぃは、「妹の意見を聞く」。

実際に妹がいるじには、「うちの妹は性格悪いし、怒りっぽいしなあ・・・」と
やや消極的。「うちのメンバーならうまく付き合ってくれそうだ」と言いながらも、
誰とは指名せず。

へそんは、「結婚じゃなくて単に紹介だけですよね?」的に迷っていると
えりが「俺にしろよ~」だそうですが・・
そして、この二人は顔を見合わせて大爆笑してるのがなんか萌えです。
ま、えりは兄妹両方いかなくても、お兄ちゃんだけで十分でしょう。

で、そのえりっくは、誰もダメだそうです。
理由は、芸能人じゃなくて普通の人が相手のほうがいいから、だそうで。
じにが「へそんひょんは、デビュー前は歌手にもアーティストにもなりたくないって
言ってたけど、それでもだめなの?」と聞くと、
「歌手でも、芸能人でも、学生でも、へそんはダメ!!」
だそうですよ。
そりゃ、妹に渡すよりも、自分のものにしておきたいですからね(違)。

次の質問は、特にじにに聞きたい、ということで・・・
彼女を友達に紹介したら、自分を裏切って二人がくっついてしまった、
そういう状況で元の友達に戻れるか、と。

「잘못된 만남 」というキムゴンモさんの歌の歌詞からそう思ったのですが・・・ということで
みんじんがその歌を披露。(元歌は、こんなかんじです。)

こういうところ楽しそうでいいな~

で、ジニの答えは、「しばらくは会わないかもしれないけど、友達は友達」という
わりと男らしい答えで、ジニはやっぱり友達を大切にする人なんだということが
わかりました。

この質問者の服装がMTの回のわにとよく似ていたので、へそんが「それ、わざとマネしたんですか?」
と聞くと、「彼女がどんわんのファンで、こういう格好をさせられた」とww
どんわんからは、「来週、髪を切ってね」。

次は、「男にとって友情とは?」という質問。
えりが割と真面目に答えてます。
先にあった「男友達と飲んでいるときに彼女から呼び出しがあったら?」という
質問にもつながるけれど、男同士の友情はそういうものに影響されない信頼の上に
成り立っている的なことを言ってます。
たしかにね~

ジニにも振ったものの、まともな答えは出ず。

どんわんは、「友情は、えんぴつで書いたもので、間違いがあれば消せるようなもの」と。
分かるようなわからないような・・でも、けっこう深いかんじもする。
これは、自分なりに咀嚼して見る必要あり?

で、次がそよんあっぱから。
みんな彼女や姉妹や娘にプッシュされてきているので、
すでに収録に長い時間がかかっていて大変だとは思うけれど
サインなどいただければ・・・というお願いに、快く大きな○で答えてました。
こういうのは、見ていてもファンとしてもうれしいですよね。

(実際、サインしてる様子も最後にうつってましたけど、
 なごやかないい雰囲気でしたよね)

いよいよ最後の「最高の友達」発表です。
発表は、黒い目隠しをして、ゲリラライブ風に。
メンバーが目隠しをとって振り返るとE8票、JJ7票、HS5票、DW12票、MW6票、A5票。
というわけで、最高の友達はどんわんに決定。

つまらないギャグとか、場を読まない発言とか、
そういうのも「あえて」な感じがするのがいいのかなあ・・・?
どんわんには「マニア」がいますからねww

この収録ってかなり時間かかってましたよね。
それゆえ、男性陣たちもシナのメンバーに親近感を持ってくれただろうし、
最後の握手とか記念撮影の場面などでは全体としての
一体感みたいなのを感じたのは私だけでしょうか。
だれが一番、ってことではなく、みんなスターぶらないふつうの友達に
なりうる人たちなんじゃないかなあ・・と思う一方。
こんなかっこいい友達だったら、あれこれと引け目を感じて
付き合いづらいかもなあ・・とか。

ま、最高の友達の二回はオリンピックもあって視聴率も良くはなかったらしいですが
男性ファンが少し増えたかな・・?
シナのかっこよさをライブに見に来てくれる男性ファンも
もっと増えるといいですよね。

さっとまとめる、とか言ってまたしても長々になってしまいました・・(-_-;)
お付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/774-af4cff87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。