新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳になった神話は・・

Posted by JUNE on   0 comments   0 trackback

グラビアさじんがかなり素敵だったコスモポリタンですが
英訳してくださったインタビューを読ませていただきました。
その内容もなかなかに濃くて読み応えのある記事でした。
(→

ヘソンにはケガのこと、エリックにはあのドラマのこと、
ジニにはパニック障害のこと、どんちには元カノのことなど
つっこんだことを聞いていて
メンバーも真摯にそれに答えています。

そして、40歳になった自分がどうなっているか、ということについても
語っていて興味深いです。



ケガのことについて聞かれたヘソンは、
今はだいぶ良くなっているということと
準備したことを十分にファンに披露できなくて残念だった、
という話をしています。

それを受けてエリックが
以前ならヘソンはケガをしたことに対してメンバーに謝り続けてたろうし
グループ内の空気も良くなかっただろうけれど
自分自身もケガをしたときにそういう経験をして、
メンバーもどうそれに対処すればいいかということも分かるようになったし
今は大丈夫、ヘソンがリードシンガーとして歌いやすいように
座って歌うとか代役を立てるとか、次善の策を講じることで
乗り越えられた、と。

そして、Venusの振り付けについて「セクシーさ」について聞かれたミヌは
「今の自分たちの余裕や自信がセクシーさになって表れていると思う」
と答えてます。
(たしかに!)
「若い頃のような体の切れや動きはたしかになくなったかもしれないけど
 今は洗練されてきたし、グループとしてのまとまりがメンバー6人全員に強さを
 感じさせてくれている」とも。

今後の活動については、エリックが7月にアジアツアーが終わるまでは
グループとしての活動を続けて、それ以降に個人活動にはいる、と。
ただ、神話放送はそのあとも継続していくようです。

「正直いうと、ヘソンと自分に関してはバラエティに出てもカットされる場面が
 本当に多い。それでもみんなで何かを作り出すことはとても大切だから
 精一杯がんばっている。その場が『神話放送』だと思う。」

またエリは、あまりぱっとしなかったあのドラマについても
「あのときは自分の1番の目的は神話の活動を軌道に乗せることだった。
 そのあとに自分の個人活動について考えた。
 俳優として活動を始めたものの十分な準備ができないまま撮影していたのかも。
 今は気楽な気持ちになれているし、自分の決定には慎重にならないと、と
 思っている」
と・・・(やっぱり自分でも後悔の思いはあったのでしょうね・・汗)

神話の活動再開にいたる過程については、えんでぃが
自分の入隊100日の休暇のときにエリックの家に行ったら
メンバーが集まってくれてお酒を飲みながら、復活のことについて
話をした、と言ってます。
それぞれに少しずつ違った気持ちはあったものの、
「コンサートで復帰」という点についてはみんなが望んでいたことで
4年半を経て6人が揃うということを実現したことに意義があると思う、と。

また「両親とはなれて暮らしていたことで、よくないほうへ行ってしまうことも
あったけど、いつもひょんたちが助けてくれた。僕達はお互いにとても
深い愛情を持っている」とメンバーとの関係についても話してます。

ジニはパニック障害についても、以前よりもずっとよくなった、と。
以前は、「何で自分は生きているんだろう」と思っていたけど
今は「完璧な人生でなくても、少なくともなぜ生きているのかは分かる」。
死ぬことは生きることより難しいということに気づいたとき
より仕事を一生懸命するようになった。
今はすごい幸せで、起きた瞬間から幸せだと思える、と。

結婚については、みんじんが「したい」、えんでぃが「したいけど、相手が見つからない」、
へそんは、自分自身のことには言及せずに、だれかが結婚しても神話の活動は続くし
自分達は「既婚者がいる初めてのアイドルグループになるだろう」、
えりっくは仕事柄、相手の両親の信頼を得るのが難しくまだ先かな、
どんわんは前の彼女とは真剣に結婚するつもりだったけど
今は4,5年は結婚はない、だそうで。

どんわんは、映画でもドラマでも舞台でも
完璧な脚本やオファーを待っているわけでもなく
秋以降の個人活動では自分のできることを試してみたい、とも。
(忙しすぎて結婚する暇はなさそうですね)

えんでぃには、TEENTOPを売れっ子に育てたことについての質問も。
彼らが音楽番組で1位をとったとき、えんでぃは涙が止まらなかったとか。
後輩達の姿を見ていると、自分が神話としてデビューしたころのことを
思い出すし、これからもいろんな経験をしていくことを楽しみにしているそうです。

最後は、40歳になった自分についてそれぞれが話してます。

D「40歳になったら絶対結婚してる!」

J「バラエティ番組のMCになりたいし、得意じゃないけど演技もしたい。
 40歳で、自分のトーク番組を持っているということが1番したいことだ。
 結果がどうであれ、そのときは今みたいに一生懸命仕事に打ち込んでると思う。」

A「神話のえんでぃでいたいし、いいプロデューサーでいたい。」

M「ポピュラーカルチャーに貢献できるアイコンになりたい。
 たとえば、自分の尊敬するヤンヒョンソクさん(注・YGのCEOです)みたいな」

H「もちろん神話のメンバーとして活動していたいし、
 個人的なことをいえばコンサートシンガーになりたい。」

E「小学生の頃からいつも幸せな一家の大黒柱になりたいという夢があった。
 それは必ずしも既婚男性を指さないかもしれないけど。
 家にいても、働いていても一家の幸せな長でありたい。」


40歳になった神話メンバー、みんな夢をかなえてるといいですね。
いうても、あっという間に時間は過ぎますからね・・・
でも、彼らの夢がかなうかどうか、これからも見守っていかねば。

神話としての活動は、とりあえずは夏までみたいですけど
また個人活動を経て大きくなってカムバックしてくれることと思います。

いろんな思いを抱えながらここまでやってきたメンバーたち、
本当に頭が下がります。
またこれからの成長が楽しみです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/708-32cf7e6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。