新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Road Not Taken ソウル公演

Posted by JUNE on   2 comments   0 trackback

ソウル公演の内容、思い出せる限りを書いてみたつもりですが・・
あくまでも私が参加した土曜、日曜の公演についての
個人的な感想なので、とお断りしておきます。

今回は構成がすごいよくて、聴かせる曲、楽しむ曲などのメリハリがあって
気持ちよく乗っていけるような流れだったんですよね。
だから、曲順などに少々あいまいなところはあっても
このパートではこれ歌ったな、というのはわりとすぐに思い出せました。

そして、へそんが何度も「ひさしぶり」、「緊張」、「楽しかった」という
ことばを繰り返していたのも印象的でした。
ファンもへそんを盛り上げようとしてる雰囲気もすごい感じられて
「客席も一体になってライブをつくっている」というライブの醍醐味を
存分に味わえたと思います。

あ、間違ってるところ、気づいたところなどあれば
教えてください。よろしくです。

recovered_jun_26_2011_0001_20110628121633.jpg


★생각해봐요 せんがけばよ
オープニングがせんがけばよ。
なんか意外な感じがしたのですが、でも去年のクリスマスコンでも披露してたし
へそんは特にお気に入りの曲なのかも。
客席との間にうすいベールがおりててそこに歌詞が映し出されながら、
へそんが歌っていくのですがこれまた、へそんお得意のじらしズム、じらし効果で、
幕があがったときのテンションあがりっぷりは半端なく・・・
いよいよ始まるぞ~!!っていう気分をすごい盛り上げてくれました。

★그대라서 くでらそ
くでらそ歌ってたなあ・・でもなんか特筆するようなことは
なかったような・・ひたすらヘソンだあってことで胸がいっぱいだったのかなあ?
この歌をどんなふうに歌ってたのかまったく記憶なし。
って二曲目からこんなことで大丈夫なのか。


で、ここでコメントだったと思います。
今回は、お風邪を召していた王子。
でもがんばるよ、ってことを時折げほっとしながらにこにことしゃべってました。
とくに日曜の最終日は、台風という悪天候でしたが
「いろんな人にコンサートのお祝いをいただきましたが
 台風もお祝いしてくれてるみたいです」
で、この台風が「メアリ」という名前だったので
「僕の歌にも『メアリ』っていう曲がありますね」
ですって。ここ、私もその朝にホテルでまったく同じことを話してたので
またもや気持ちが通じ合った! とものすごいテンションアップ(は)。
こんなにたくさん来て下さって本当にありがとうございます、のようなことも
言ってたはず。
「The Road Not Taken」のタイトルを一日目はちゃんと言えず、
わざわざスクリーンのほうを見て言っていた、と友人が教えてくれました。
二日目、三日目はそういうことはさすがになかったですが
相変わらずのSTEVEN ENGLISH に苦笑。

★Still
これも1集からですが、

《訂正》
3集side2だと指摘いただきました。Yさん、ありがとう。
そしてすいません(汗)


私も大好きです。
♪はじまんぬがもれど~のところの息を吸いつつ、は、って歌いだすとことか
めっちゃ萌え、ます。
友人とヘソンの息継ぎはたまらんな、と話してたのですが
なぜこんなに息がいろっぽいのかのなぞは解明できず。
肺活量少ないのかな、とも思ったのですが、そんなことはないですよね。

★Island
この曲は、何度も書いてると思いますが
2008年の大阪コンサートで、ヘソンがオープニングでこの曲を歌いながら
降りてきたのを見ただけで涙した、という思い出の曲で
やはり大好きな曲なのです。
イントロ聴いただけで、へそん好きだ~!!と強烈に感じたあのときが思い出されて、
また今回もその気持ちを確認し、うれしかった曲。


このあとに、映像があったのかな?

::::::::::

★눈이 하는 말 目が語る言葉
この曲をライブで聴くのは初めてでは!?という曲がここから続くコーナー。
「食客」のOSTですが、私はこのドラマ自体途中で挫折してるし
ドラマで流れたのかもどうかさえ知らない。
ほとんど初めて聴いたというかんじがするのですが・・・

★このとき歌った歌がなんだかわからず。どなたかご存知でしたら教えてください。

★Purple Rain
パーポーレインも、初めてライブで披露したんじゃないですか?
少なくとも私には初体験。
ヘソンのバラードはやっぱり素敵だと再確認。
こういう正規のアルバムなどに入っていない曲も
当たり前だけど、へそんは大切にしてるんだなあとなんとなく思ったり。



ここで、一息、ってかんじのトークが入って、またいろんな国から来てくださってます、
みたいな話をしたのはここだったかな?(まったく自信なし)
いつも、へそんはこういうとき、「いるぼん」を一番に言ってくれますよね。
年長者には敬意を持って・・・あいえ、以下略。
日本語で「ありがとうごじゃいます」と言ったあとに
へそんー!という韓国人にはまた違う言葉に聴こえるらしい掛け声がたくさん飛ぶと
「はい~」みたいに言ってたのもかわいかったなあ。
友人Iちゃんのの最大萌えポイントはここだったそうです。

で、タイトル曲を初めて歌うから失敗できない、緊張する、みたいなことを
さんざん言いながら、パペクトメンなどをはさんで(詳細は昨日のエントリーでどうぞ)
ちぇっかちぇっかへ。



★째각째각
正直、はじめて聴いたとき、「え?演歌?」と思ってしまったのですが
やっぱりこういう「どバラード」系の歌、へそんが生で歌ってるのを聴くと
いいですよね。
ずっと「ねがちゅご・・・」もさほど好きではなかったのですが
コンサートでの熱唱を聴いて大好きになったのと同じように
またこれも生で聴くと胸にじーんとくるものあり。
一曲の中にすごいドラマが感じられる、へそんらしいバラードだなあと感心。
かなり気合も感じられ、このあとにひとやすみ、という構成も
よく考えられてていいなあと思いました。

「じゃ、次はゲストです」という紹介をして
土曜日に「僕は服を着替えてくるので」と言いながら、
着ていたジャケットの襟の部分を持ったのがすんごい強烈にかわいくて。
「ねずっちです!」の片手版みたいなポーズなんですが
もう今回のコンサートでの個人的ハイライトに入るほどかわいかったのですよ。
(たとえが悪くて、伝わってないですよね・・ごめんなさい・・でも
 これ以上の説明が思い浮かばん)

Eye to eyeという3人組の女子ボーカルグループ。
歌は3人ともめちゃめちゃうまかったです。
ステージに向かって、右端の子が松野明美に似てて笑っちゃった。

そういえば、土曜日に「ゲストです」って言ったときに
「え~~~」みたいな声があがり、そしてトイレへと急ぐ人たちが多く、
ちょっと残念だなあと思ってたのですが
日曜日には、同じところで歓声があがったのは、なんか自分のことのように
うれしかったです。
アウェイで歌う、女子たちの心細さを思うとなんかいたたまれない気がしてたので。
ただ、土曜日にはあったヘソンとのトークは、日曜はなし。
この土曜日のときに、真ん中の子がヘソンのファンです、って言ったんだけど
なにか言おうとして思わず出た言葉が「シンヘソンソンセンニム!」ですよ。
ソンセンニム、ソンセンニム、ソンセンニム、とその言葉が頭をぐるぐる回って
笑えた~へそんもびっくりしてたようで。
やっぱり、女子ゲストとのからみはヘソンにはハードル高いながらも
楽しかったです。

で、ゲストがはけていったところで、ヘソンはお着替えをして再登場。


:::::::::::::::





★special love
4集からの曲が再度登場。
今回、ホーン隊が入っていたのですが、ここでホーン隊が活躍。
こういう歌があると、また雰囲気がかわっていいですね。


★Don't
で、次の曲が「Don't」っていうのもまた意外。
しかし、この歌は私もすごい好きなので、のるさらはじまん~のところとか
マイクを向けられてもぜんぜん空耳対応できました。


★中心
・・だったかなあ。。このへん、ほんとに記憶があいまい。
ノリのよい曲が続いてたので、脳みそもまったく働かず、ひたすらカラダで感じるのみ(←言い訳)
以前は、「Miss Terry」のあとの「となじまー」とか「どんごうぇい」を
掛け声してたのに、今回からはなぜか「Miss Terry」などをいっしょに歌うというかんじに
変更されてたのがちと不思議ながらも、、、今回もまたニューアレンジで
へそんが楽しそうに適当に踊ってるのもちょあ。
ダンサーがついてる公演よりも、へそんにはダンスの練習とかわざわざしなくてもいいような
こういう感じのほうが絶対にいいよなあと。



★조금 더 가까이
へそんがステージでひとりで歌いだしたあと、
よんじゅんさんパートで階段の上から降りてきながら登場。
このよんじゅんさんの写真は昨日もアップしたのでもういいか。
でも、一瞬、おおさかのやくざ? その金ボタン紺ブレ、何年ぶりに見たかな?
と思ったものの・・へそんといっしょに歌ってると気分よさげ。
グループの歌手なので、ちゃんと相手に合わせて歌うのがお上手。

歌い終わったあとに、へそんに「おじま!」といきなり言い、
自分は비만だから近くに来られるといやらしい。
なんかかわいいのですよ、こういうやりとりが。
へそんもにこにこしながら、よんじゅんひょんに相槌うったりして。
シナとカンタジフン以外に友達いないんじゃないかという疑惑(=私の中だけ)が
常につきまとってるんですが、こういうやりとりはほほえましくていいです。
ただ、よんじゅんさん相手ではまったく腐り方面のセンサーは働かず(当然か)。

ちと話がそれるのですが、この비만発言は土曜日で、
日曜日にキンパッを食べに入ったところで、「피망 」という種類があり、
これを見てよんじゅんさんを思わず思い出しましたww
友達が調べてくれたら、単にこちらはピーマンで
これ食べたら肥満になるほど栄養のあるロールではなかったようです。
あ、やっぱりぜんぜん話それた・・

このあとによんじゅんひょんのトークとソロ曲があり、
すごい盛り上がってたので、ひょんも気持ちよさげに去っていきました。

で、また雰囲気変わってここからはアコースティックコーナー。

★Now and Forever 、이별을 꿈꾸다など3曲。
コーラスのダンビちゃんとギター一本でデュエット、
といってもほとんどのパートはへそんが歌ってて
ダンビちゃんはコーラス程度。
いつになく、へそんがダンビちゃんの目を見つめながら歌うのに
あまりジェラシーな感じもなく・・なんだろう、この色気のなさは?
すでに兄妹な目で見てるのが定着してるからかなあとか思ったり。
このパート、ギターがとにかくひどくて早く終われとばかり思ってたくらい。
今回の公演の数少ないミスはこのコーナーであったのではと思う。

そしてギターとダンビちゃんは退場して
へそんは立ち上がってピアノのほうへ。。

★다른 사람 사랑하지 마
ささやくように歌うへそんがすごいいろっぺー一曲。
へそんはもてもてでも、相手には一途を求めるかわいいやつ(は?)、
そんなへそんにはぴったりな曲。うっとり。


★시를 위한 시
ひさしぶりにこの曲聴いたけど、ほんとうによかった。
あれだけ騒いでたファンもこの曲とかバラードの聴かせる曲では
しーんと静まり返っておとなしく聴いていて
ブレスひとつも聞きのがすまい、とするかんじで。
へそんの魅力が存分に発揮された曲だったと思う。


ここで、また衣装変えがありましたね。



★New Divide
ロックロックこんにちは、コーナーなのか?
ここから客席もめちゃくちゃヒートアップするような選曲。
暗い舞台の階段上の部分にたったヘソンがライトで照らされた瞬間、またもや
ぎゃーーーーーー!!
この暗い中でシルエットが浮かび上がるような場面では、
細身のヘソンのかっこよさがなんともたまらん。

recovered_jun_26_2011_031.jpg


土曜日は、このときの衣装が黒いジャケット、パンツだったのですが
このジャケットにミラーみたいなのが張付いててやたらとまぶしくて
へそんの顔が見えずらい。
後に客席から「脱げ、脱げ」コールをされるという
とんでもない事態にww
ヘソン、もちろんガードはかたくて、脱ぎませんでしたが。
残念なり。

★Awaken
相変わらずかっこいいこの曲。
あんまりヒットしなかったけど、ヘソン自身も言ってたように
へそんの歌手としての幅が広がったのはこういう曲にも挑戦してきたからであることは
間違いなく。
最初のギターがすんごいかっこいいのに、
たまにギターの音がきききーみたいになって歌が聞こえにくくなるのは残念ではあった。
(この曲だったかどうかはいまいち確信できないのですが)

★별을 따다 星をとった
この歌も、CDで聞いてると、さらっと流してしまって
バラードだけじゃつまらないし入ってるいわゆる数合わせ風に受け止めてたんですが
これがライブで聴くとほんとにいい。
サビあとの「너 야! 너 야! 너 야!」の歌詞にあわせて
へそんが会場を指さしていくのが、これまた盛り上がるのですよ。
うん、これはナイスサプライズな曲でした。
アルバムを作るときは、もちろんライブを意識した曲も必要なんですねえ。


★Gone today
これはいまだに日本語verのほうがすぐ浮かぶのですが・・
掛け声のところは、日本語でも韓国語でも同じだからいっしょに楽しめるという
かんじですよね。

最終日、この一連の中で、どこかでへそんがピアノによりかかって
いかにもピアノが弾ける人、みたいなポーズをとってたところ(もちろん無意識)があって
この姿もめっちゃかわいかったんですけどねえ。

ここまでもう最高潮に盛り上がって、いちおう本編は終わりです。
::::::::::::::::::::::::::::::::

アンコール

このアンコールのときには、ヘソンとギターのバンマスさんが
自分用のいすを持って出てくる姿がまたさらんすろおぅなんですよ。

まず、一曲目は、ギター伴奏のかっとぅんせんがくを。
どのように歌うかをヘソンが説明。

そういえば、土曜日に、ここでヘソンは黒いハンチングをかぶってたんですよ。
ただでさえハンチングってかぶると、1割増しくらいかわいく見えるじゃないですか。
それをヘソンがかぶって出てくるもんだから、
もう5割増しくらいかわいくって、ハンチング好きな私は
きゃ~!!だったのですが・・
客席から、「顔が見えないから帽子を脱いで」みたいな声が
あがったんですよ。
いっせいに話すから、へそんはなかなか聞き取れないながらも
ファンの様子におそれをなしたのか、ギターのひょんに
「ファンが怒るんだけど・・・」
と助けを求めてたり。まったくここもかわいかったですよ~

こんなふうに、客席とのやりとりをすごい楽しんでましたね。


★같은 생각 同じ思い
今回は、ギターさんが横について、まずヘソンが歌いだし、
ぺんが♪あにらみょ~ん以降を歌う。
んで、そのあとにへそんがまたちゃんと歌いなおす、という構成。
やっぱりへそん公演はこの歌なしには成立しない、
決して聞き飽きることのない名曲だと実感。
前回みたいにペンだけに歌わせるのはフラストレーションなので
こんなふうにへそんが歌ってくれるのを聴けてうれしい。

で、そのあとにみなさんからの素敵なプレゼントでした・・みたいな
メントが入って、「ソンムル」へ、というつなぎもよかったなあ。

★ソンムル
この歌は、私のへそんベスト3に必ず入るくらい好きなので
すごいうれしかったなあ。
ヘソンからの素敵なソンムルでした。

で、ここでまたいったん終わり、みたいなかんじで
はけていきました。


:::::::::::::::::::::::::

ダブルアンコール

★ex-mind
一度はけて、ここも予定されてるアンコールなんだけど
二度にわけてやるのがにくい(←そうか?)
なんか得した気分になれる、というまんま策にはまっているペン(=私)
派手に出てきたのもまたよし。
イントロのところとか、へそんが「おっお~~~~~~」とためて「へぇい!」
というところ、相変わらずきゅんきゅんきました。
最後までしっかりと歌いきって、完全燃焼した、みたいな顔してましたね。

最終日、この歌歌いながら、♪なふ~って言ったのも
たまらんかったですね。

  ↑
あ、これ「ちぇっかちぇっか」で書くべき内容だった(汗)

土曜日は、ここまで白いシャツと黒いパンツだったので
手を振ってるときに、もしや腹チラがあるのでは・・と必死に目をこらしたものの
その下にもちゃんと白いのを着てガードしてました。
ああ・・残念。

ただし、日曜日は、同じような衣装ながらも
黒い上着の肩あたりにスリットが入ってて肌がチラッと見えました。
昨日はごめんね、の彼なりのサービスだったのか・・・?

recovered_jun_26_2011_059.jpg

以上、なんだか個人的な偏見に満ち満ちた感想でした。
曲順や曲名などあいまいな部分もありますが・・ま、だいたいはこんな感じだった、
ということを自分用にも残しておこうと思います。
間違ってたら、すいません。

でも、このライブは必ずやDVDで発売していただかなければなりません。
スポンサーサイト

Comment

mokocyu says..."ミヌさんとドンワンさん"
初めまして。
私もヘソンさんのソウルコンに行っていた者ですが、
金曜日と土曜日だったので、最後の日は見ていませんe-330
日曜日にはミヌさんとドンワンさんがいらしてたと聞きました。
いったい どのあたりでご登場くださったのか???
もしよかったら、そのあたりも追記してくださったら嬉しいです。
(初めてなのに、わがままで申し訳ありません。)
2011.06.28 21:20 | URL | #QZi9t2.I [edit]
JUNE says...""
>mokocyuさん

はじめまして。
いつも訪問の足跡残してくださっているので存じ上げております。
いつもありがとうございます。

さて、どんわんは、舞台にはあがってないですよ。
打ち上げのときの写真には映ってましたけど。
みぬは、会場1階後方で見ていたらしく、
ファンが気づいて騒ぎ出し、そしてスクリーンにも映し出されたんですよ。
そのとき、みんながあまりにも騒いでるもんだから、へ様が
「おい、僕を見にきたんだろ~!!」
とか言ってました(きおぅ^^)
そのあと、どの曲のあと、とはっきりは覚えてないんですが
awakenとか星をとった、とかあのあたりでへそんが舞台に呼んだような気がします。
ちゃんと答えになってなくてすいません。

2011.06.29 06:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/614-2ea5c44c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。