新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『王の男』見てきました

Posted by JUNE on   8 comments   0 trackback

昨日は、『王の男』を見てきました。
今年に入ってからみた「韓国で大ヒット!!」って触れ込みの映画は
いずれも私には???だったので・・・これも期待しすぎずに
行ったのですが、すごい良かったです。

これ、「同性愛映画」ってものすごい乱暴な説明がしてあるレビューも
目にするのですが、そっち方面を期待していくと
がっかりになると思います。

人間って誰かとつながってたいんですよね・・・
それで傷つくことも何度もあるけど、やっぱりひとりで
自己完結で幸せを感じることもなかなか難しいですよね。
誰かとつながっていること自体、安易なことではないですが、
お互いがお互いを思う気持ちがお互いを幸せにしてくれると
私は思うわけです・・・同性愛でも異性愛でもそれは同じですよね。

ヨンサングンにしてみれば、周りの人間とのつながりは、
愛ではなく、権力への媚やへつらい、恐れみたいなもので
人間が腐っていくのもしょうがないというか、
同情の余地もあります・・・たしかに。

で、この映画のコンギルとチャンセンは、
兄弟のようにつながっていると私には思えました。
それから、同じ芸人としての尊敬というか・・・

2人が一緒の布団に寝ていて、コンギルの上掛けをそっとチャンセンが
掛けてあげるシーンに、この2人の関係が凝縮されてると思います。
コンギルもそのとき、チャンセンのしてくれたことに
気づいてるんだけど、「ありがとう」というわけでもなく
ただ満足そうにしているという。

ラストシーン近くのこの2人がこれから自由になれる、っていう感じの
ジャンプがすごくいいんですよ。
この行く先がたとえ、天国だったとしても
それは彼らが欲したものだったわけで。

それから、イジュンギの美しさっていったら
どきどきもんなんですよ。

でも・・・少し前にへそんがもしなんてするMVに
出ちゃったら・・・なんて悶々と考えてたときに、
pisupisuさん(@Minwoo天国)が
「へそんには女形というか、妖艶な感じのなら似合うと思いますよ」
って言ってくださったことがあり、
あ、それはちょっと見てみたいななんて思ってたところだったので、
これ今より5歳・・・いや7歳若いへそんが出てたら
ものすごいことになってたのでは、と
そんな妄想に突っ走ってみたり。

へそん@王の男・・・以下妄想は果てしなくつづく。

いや、もちろん演技力なんかはさておいて、
容姿的にね、ぴったりだったんじゃないかなあって。
スポンサーサイト

Comment

ゆっさん says...""
Juneさんこんにちは。
ペンミでお世話になりました、トモさんの連れのyuzuこと釜山です(笑)
初コメで失礼しますデス~~。

王の男、私も気にはなってたんですけど、まだ見れていません…
しかし、イ・ジュンギのうちゅくしさがいまひとつ分らない私でもそのうちゅくしさを堪能出来るのかどうかが不安っちゃー不安です…(笑)

へそんの若い頃は、あれですよね、普通に女子っぽいですよね…(笑)
正直「勝てない」って思います。
2006.12.21 11:18 | URL | #- [edit]
のんたん says...""
こんにちは^^
王の男、私も見ました^^

JUNEさんのコメントの
>人間って誰かとつながってたいんですよね・・・
という部分、とても心に響きました。確かに、こういうテーマで観ると、この映画の素晴らしさがさらによく伝わってくると思いました。

ヘソンが「コンギルをやったら」という妄想(?)、今の歳のヘソンでもイケると私は思います!中世的な役柄は似合いそう。設定を「歌手芸人」にしたら、なお良いかも!

これに伴い、国王とチャンセンをシナメンで妄想するのは・・・ぴったりなのを思いついちゃったのですが(笑)、キリがなくてヤバイことになりそうなので自粛しておきます(笑)
2006.12.21 12:25 | URL | #OQekSdOA [edit]
JUNE says...""
>>ゆっさん
こんにちは~ご訪問&コメントありがとうございます。もう、「ゆっさん@釜山」さんじゃなくなったんでしょうか?あらぬ誤解を招かぬよう(爆→見ましたよ~M天国)???
私、なんてお呼びすればよいでしょうか?とりあえず、暫定的にゆっさんと呼ばせていただきます。

実は私もふだんのイさんを見ても、なんとも思わないし、今回もそれほど期待してなかったんですよ。でもこの映画の中の彼はすごい美しさでしたよ。京劇っぽい衣装をつけたときとか、びっくらでした。すごい役者さんなんですね~(その割には「ホテル・ヴィーナス」見てもまったくなんとも思わなかったですけど)

ま、ダメ元でトライしてみてください。ただし、後悔しても責任持てませんので、来週の水曜のレディスデイをお待ちください。

そして、へそんさんの若い頃・・・女の子ですね。今でもたまに乙女に帰っちゃいますね。ふふふ
で、ゆっさん、今のへそんさんになら勝つ自信おありなんですね???
2006.12.21 18:22 | URL | #LkZag.iM [edit]
JUNE says...""
>>のんたんさん
こんにちは!
のんたんさんも『王の男』、ご覧になったのですね~私はさほど期待せずに行っただけに、ものすごい泣きはらした目で映画館でるときは、なぜに帽子かぶって行かなかったのか、後悔まくりでした。

カム・ウソンさんがやたらと同性愛じゃないって主張しすぎてるのがおかしい気もしますが、愛情にもいろんな形があることに改めて気づかされますよね。でも、今年見た映画では、『ブロークバックマウンテン』もそうでしたが、感動したのはそういう系といわれているものが多かったかも・・・

今のへそんさん、あの純真さがあるのかどうか・・・ですが、この妄想にはキリがありませんよね。シナメンでやっていただくとしたら、国王がEさん?チャンセンがDさん?
私の個人的願望では、国王が金城武で、チャンセンがイ・ソンジェさんです~v-238
2006.12.21 18:33 | URL | #- [edit]
のんたん says...""
にゃは(笑) 私の妄想だと、国王がEさん、チャンセンはJさん(年下だけど)がいいなぁ。と思っていたのですがDさんもいいですねv-238

>国王が金城武で、チャンセンがイ・ソンジェさん

これもいいですね!
2006.12.21 20:05 | URL | #OQekSdOA [edit]
ゆっさん says...""
すいません
今現在でも余裕でへそんに負けてますOTZ

つーか女子度ではシナメンの誰にも勝てないという自信だけはありますよ!

わたし、一応女子なのになぁ…(笑)

呼び名はなんとでも!
お気に召すままどうぞ!(拘りがないので)
2006.12.22 09:04 | URL | #- [edit]
JUNE says...""
>>のんたんさん
そうですよね~私ももちろんじんしょんカップルを見たいのですが・・・でもJがチャンセンだと、プラトニックな感じがぜんぜん出ずに、ところかまわず抱きついてしまいそうな・・・

チャンセンはやっぱり美形よりも、内面の強さが出てる人がいいですよね!
2006.12.22 12:16 | URL | #- [edit]
JUNE says...""
>>ゆっさん
そうですか?ゆっさん、腐女子度では負けてませんよ!!って全然フォローになってませんね(笑)

またよかったら遊びに来てくださいね~
2006.12.22 12:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/54-5cda38d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。