新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りに行きましょう♪

Posted by JUNE on   2 comments   0 trackback

りくしょんの釣り話以来、ずっと脳みそにたまってたあれこれを
やっと書くことができました。
(Tさん、遅くなってごめんね~)

けっこう妄想話カテは、集中してアクセスしてくださる方がいるので
隠れファンも多いんじゃないかと勝手に勘違いして公開にしておきます。

興味のない方はするー願います。









さっきからずっと助手席のヤツが携帯電話をせわしなく操作している。
送ってはすぐに返信がくるらしく、
何度もメールのやりとりをしている。

「おまえさ、メールうつの嫌いだったじゃない? 
 なんで電話しないの?」

「・・・なんでって・・・なんででも」

怒ったふうでもなく、困ったふうに答えたヤツの返事から
俺に知られたくない相手とのメールだとすぐに気づく。

・・・っていうか、俺もこいつと二人で過ごす時間が増えてから
ヤツがこんなふうにメールを打ちまくるのは
相手が限られていることにも気づいているので
察しはついてたけど。
第一、着信音からして違うし。
こういう抜けてるところがかわいいんだけど・・・
あまりにも頻繁にやりとりをしている姿を見るのは
やっぱり気分よくはない。

せっかくの二人での遠出だし、ここでヤツの機嫌を損ねるのも
得策ではない・・・だけど気になる・・・だけど気にするな!! と
自分の気をそらせるために、オーディオから流れてくる曲を
一緒に口ずさむ。

メールに一区切りついたらしいヤツが
「これ誰の曲?」
と尋ねてくる。

俺が答えても、たいして興味なさそうに
「ふ~ん」
とだけ生返事をして、窓の外に目をやる。

音楽から離れざるをえない状況で
舞台にも立つことができない今は、
こんなふうに俺のラップを聴けるなんて幸せものは
おまえしかいないってのに!!

やっと振り向かせたと思っても
なかなかうまくはいかないんだよなあ・・・

*******************************

目的地について、外に出るとソウルとは空気も違って
少し憂鬱な気分もふっきれた。

「さ~釣るぞ!!」

俺が言うと、

「ほんとにちゃんと釣れるんだろうな? 
 お前がえらそうに言うから、こんなところまで実力を
 見にきてやったんだから、ちゃんと釣れよ」

「・・・新鮮な刺身につられただけだろ?」

ぼそっと返すと、

「そんなことないって!! だいいち今日はあっちとの約束を
 振ってまできたんだ・・・」

最初はムキになって大声を出したけれど、
最後の方はなんだか、まずいって感じが伝わってきた。

あえて、突っ込まず

「じゃ、行くぞ」

俺は荷物を持ち上げた。

**********************************

ヤツはあまり釣りをしたことがないと言っていたけど
「あまり」っていうのはうそだろう。
たぶん、まともな道具でまともに釣りをするのは
初めてみたいだ。

俺が道具とか釣りのあれこれを説明してやると
普段ならつっかかってきそうなことを言っても
おとなしく聞いている。
サングラスをかけ、キャップをかぶったうえにパーカーのフードまで
かぶっているから表情はよくわらかないけど
真剣な様子だ。

ひととおり説明を終えると、俺達は並んで腰かけた。

最初はあれこれと釣りについて質問されたり答えたりしていたけれど
一度ヤツの竿にかかり、大騒ぎのあとに逃げられてからは
本気モードに突入したらしく、集中している。

俺が少し話しかけようとすると
「しっ! 魚が逃げる」
とか知ったようなことを言って・・・

でも、黙って二人でここで並んで座ってるだけで
すごく幸せを感じる・・・ってまるで乙女みたいなことを考えてる自分に気づいて
笑いがこみあげる。

「お前、俺が釣れないと思って笑ってんだろ!
 今に見てろよ」

負けず嫌いが勝手に勘違いをして、さらに闘志を燃やしている姿に
ますます笑いがこらえきれず、大笑いしてしまった。


結局、俺はたくさん釣れて、ヤツは3匹釣れただけだった。
だけど、一番大きい魚を釣ったのはへそんだったせいか
ヤツはすごく機嫌がよく、

「初めてでこんだけって・・俺、すごいよな? 
 やっぱり来てよかったよ~ありがとう」

ありがとう、か。
しばらく忙しくしてたヤツが、久々の休みを堪能してくれたんなら
俺はそれで十分なんだけど。

「釣った魚を料理してくれる店があるから、
 そこに行こうぜ」

「おう、俺の釣った魚、食わしてやるよ」

・・・こういうところ、へそんだよなあ、と思いつつ
俺たちは食堂に向かった。

ここの食堂にはなんどか来ているので
腹をすかせたヤツに満足してもらえるだけの料理と酒は
そろってることはわかっていたけど
上機嫌に飲んで食べるへそんを見ていると、
こっちのテンションもあがる・・けど、俺は運転手だし
酒は飲まないことにした。

「お前、つきあえよ~」

「運転だれがすんだよ?」

「あ? 運転? いいじゃん、俺明日は仕事夕方からだし
 別にこっちで泊まっても」

泊まる・・? 二人で・・?

今まで何度もお互いの部屋に泊まりあってはいるけど
外で仕事以外でのお泊りってのは、まずいんじゃないだろううか・・・?
いや、そんなことを考えるほうがおかしいのか・・・?

いろんなことが一気にぐるぐるとまわって
すぐに返事をしないでいると、へそんが勝手に酒の追加を
頼んでいた。

俺達は楽しく飲んで、食べて、結局また海辺に出て
夜の海を見ながら、あれこれ話しては笑ったり小突きあったり
一緒の時間を過ごした。

**********************************


「・・・さっきのメールの相手・・・」

ほろ酔い気分でそう聞いた俺に、

「うん、カンタ」

へそんが短く答える。

しばらくの沈黙のあと、

「あいつ、休暇でソウルに戻ってきてるんだよ。
 前から分かってたのに・・・お前との釣りをとったから
 機嫌悪かったみたい」

「なんで? 分かってたら、俺は別の日でもよかったのに」

「・・・でも、俺は今日はお前といたかったんだ」

・・・たまに素直で、調子が狂う。

「あいつもお前も大事な存在なんだけど・・・
 あいつは傷ついたときにちゃんと傷ついた顔するから
 俺もフォローのしようがあるけど・・・
 お前っていっつも冗談なのかなんなのか俺に悟らせないような態度とるから
 気になってしょうがないんだよ」

おそらく、酒の勢いだろうけど・・・そんなふうに思っていてくれたへそんを
ますます愛おしく思った。

カンタが帰ってくるころにはどうなるんだろう? という不安は
ずっと心の中にあったけど、へそんが大切にしている友達だから
俺もそれをただ受け止めればいいんだよな。

「ありがとう、愛してる」

「・・・それは冗談?」
 
「そんなわけないだろ? 今は本気」

「なんなんだよ、その『今は』ってのはよ~」

「じゃ、ほかにどういえば信じるんだよ」

「・・・俺のために腕立て100万回とか」

「あほか」

結局、俺たちはぜんぜん反対なようで根っこは似てるんだよな。

そう、ちゃんとお互いを理解しはじめて愛しあってんだよな。

普段は照れて全然言わないけど・・・今日はもいっかい言いたい。

「愛してる」

だけど、結局、心の中でつぶやくにとどめた。





楽しんでいただけましたか~?

私はたんまり楽しみました(呆)
スポンサーサイト

Comment

tommy says...""
十分に楽しませて頂きました。
このお話を楽しみにしてたので、めっちゃ読んでてPC前で笑みが出ました。
今回の釣りの話をこんなにも膨らませて書いてくれるのはJUNEさんだけです!

その中で、『でも、俺は今日はお前といたかったんだ』の言葉にやられました!
へそん本人に言われたら気絶ですよぉ~><

私がえりなら、もぅ抱きついちゃいます。
妄想全開です~!(笑)
2009.06.19 23:45 | URL | #- [edit]
JUNE says...""
>鍵コメさま

おはようございます。
普段、ほとんどよそ様のサイトを見ることがないので
どのサイトのことをおっしゃってるのか分からず
いまいち話の内容もつかめないのですが・・・すいません。

私は全然気にしてないので、鍵コメ様も気になさらないで
くださいね。
楽しんでくださったならうれしいです。
コメントありがとうございました。


>とみちゃん

そうかね? 楽しんでくれた?
そう言ってもらうとありがたいです。
・・・他の人からも言われたんだけど(わざわざメールもらったw)
釣りに行ったってだけでここまで話をでかくされてるとは
ご本人たちも全く思ってないだろうねえ・・・きっと。

たしかに、えりってもっと獣だし、
こういうときはびしっとなんか言ってくれそうだけど
(実際にこういうシチュエーションならえりは押し倒しただろう!→願望)
私の好みの問題で、こんな展開になってしまった。

・・・へそんぺんさんには気に入ってもらえても
えりぺんさんには「違う!!」って言われるだろうなあと思いながら
へそんぺん魂を優先させました。はは
2009.06.20 06:34 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/408-beefed98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。