新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へそんの4位

Posted by JUNE on   0 comments   0 trackback

韓国の2009年上半期に売れたアルバム(ミニアルバムも含んでるらしい)の
4位にへそんの3集part2が入っているんですね。

私の気分的にはもっと売れてもいいと思うんですが
でもランクされてる他のアルバムもいいのばっかりですものね。
(でもないのも入ってるか



以下がそのランキングです。

SuperJunior 「SORRY SORRY」(100,000枚)
これ、Cバージョンってのと合わせると20万枚も売れたそうですね。
たしかに♪そりそりそりそり、ってつい口ずさんじゃうような
キャッチーなサビが耳に残って、癖になります。

少女時代 「Gee」(70,000枚)
ミニアルバムですけど、7万枚売れてます。
これは好き嫌いはっきり分かれるでしょうねえ。
私は意外とちゃんと歌える(子もいる)んだなあとちょっと感心しました。
でも、しょっちゅう聴くってほどでもなかったなあ。

そてじ 「Atomos Part Moai」(59,000枚)
この人のカムバックはすごい騒がれてましたね。
でも私はさほど興味も持てず、ほぼスルーでした。
ちゃんと聴いてみたいんですけど・・・

シンヘソン 「Keep Leaves」(35,000枚)
これはさんざん語ったのですが、今までのへそんのアルバムの中で
一番好きです。
ご本人的にも、前作のセールスがあまりよくなかったので
ほっとしているかも。
「売れるアルバム=良いアルバム」ってことは決してないですけど
やっぱりセールスも好調だとファンとしてはうれしいもんです。
正直、さほど売れてないんじゃ・・・と思ってたので
4位ってのはけっこう驚きです(→失礼)


ボビーキム 「スペシャルアルバム LOVE Chapter1」(34,000枚)
これがめちゃめちゃよかった!!
ボビーキムを初めて知ったのは、「ユンドヒョンのラブレター」でした。
ちょくちょく、英語圏のアーティストの通訳さん、みたいなかんじで登場してたんですが
エピカイとボビーキムの所属するBUGAKINGZがコラボしてた回があったんです。
で、それががつーーーんと来て、ボビーキムにも興味を持ちました。
BUGAKINGZはジャンルで言うと、hiphopなんですが
このボビーキムのアルバムは、「エロ系ムーディーR&B」と
勝手にカテゴライズしておきます(笑)
なんか、いいんですよ~歌が特別うまい、とかそういうわけでもないんですが
とにかくやらしい(良い意味で!!)
頼まれもしないのに、友人に送りつけたりしてました(笑)。

SG Wannabe 「Gift from SG Wannabe 」(29,000枚)
新生わなびになってから、1月のイベントでお目にかかりました。
歌は良いし、うまいです・・・けど、今のところ私にはくるものがなく・・・

チョンジア&The Face 「별일없이 산다」(29,000枚)
なんか妙な脱力系。
韓国ではこういうの珍しい気がします。

Davichi 「Wonderland」(28,000枚)
がんばってますね~ダビチ。
1集のころはなんか暗めで地味でその路線で売ってくのかと思ってたら
売れて自信ついたのか、明るくはじけてきましたね。
きらきらしてて、まぶしいです。

FLY TO THE SKY 「Decennium」(27,000枚)
FTTSとしては最後になる8集。
これがもう素晴らしい!!
最近、FTTSがすごい私のつぼに入ってて、毎日聴いてます。
FTTSもシナとおなじSMの所属だったのはご存知だと思います。
ファニはデビュー当時、カンタやヘソンと声が似てる、って言われるのが嫌で
自分なりの歌を探していまみたいなスタイルにたどりついたそうですよ。
たしかに1集のころのファニはアイドル路線で売ってたこともあるんですが
今とは違うし、けっこう声も高いし、聴きようによってはヘソンっぽくもあります。
たまたま似てただけだし、その当時もすごいよかったと思うんですけど
(もちろん、へそんはへそんで素晴らしいし)
そのままでは「へそんに似てる」だけ、で終わってしまうという危機感もあり
いろいろ試行錯誤したり悩んだりしながら努力したんでしょうね。
今のファニは、何を歌ってても、誰が聴いても「ファニ」です!!
(以前はそれをうるさく思ってたんですけど・・・汗)

そういえば、お直しをして、痩せたからか
最近のファニはたまにどんちに見えることがあります(私だけ?)

あと、ブラリアンはふぁにの影に隠れてしまってた部分もあるんですが
この人って、ハモったり、アドリブ入れるのがすごいうまいですよね。
最近、FTTSのいろんな映像を見まわっているんですが
他の歌手とコラボしたりすると、ブラうまいなあって思います。
ファニの主張しすぎる歌い方はコラボ向きじゃないぶん、
ブラがうまく合わせてる、10年続いた秘訣はそのあたりにありかなあって
最近思います。
ただのお笑い担当じゃなかったのね、ブライアン!!見直しました。
(そんなこと思ってたのは私だけでしょう・・)

チョソンモ「Second Half」(23,000枚)
除隊後だから久々のアルバムですけど
やっぱり「チョソンモだし聴いてみよう」って人も多いんでしょうね。



今年の最初あたりはちょっとKPOPから離れ気味だったのですが
このランクを見返してみると、半分持ってましたね。

ちなみにJ-popのランキングは以下の通りでした。
Mr.Children「SUPERMARKET FANTASY」(122万枚)
EXILE「EXILE BALLAD BEST」(80万枚)
DREAMS COME TRUE「DO YOU DREAMS COME TRUE?」(62万枚)
レミオロメン「レミオベスト」(45万枚)
いきものがかり「My song Your song」(40万枚)
倖田來未「TRICK」(38万枚)
浜崎あゆみ「NEXT LEVEL」(36万枚)
RADWIMPS「アルトコロニーの定理」(31万枚)
ユニコーン「シャンブル」(25万枚)
東方神起「The Secret Code」(24万枚)

韓国とは1ケタ違うって感じですね。
トンが10位に入ってるのがすごいです。
私、こっちのほうも半分持ってますね。
(といっても、それは娘があれこれと情報を仕入れてきて欲しい、といってくるので)

ミスチルとかレミオみたいな歌詞が気持ちに訴えてくるのは
日本語詞で日本人の感性だからこそ、だと思うし
これはJPOPにしかない魅力です。
KPOPの歌詞は、普段聞き流してる分にはどうってことないんですが
たまに訳のついてる映像を見たりすると
基本淡白な性格の私には、濃すぎるというかしつこい、といか
ひいちゃうよ・・・みたいなこともあるんです。

でも、ミスチル、レミオあたりは、さりげない日常の
恋愛じゃなくても、ちょっと心にひっかかる愛みたいなのが
歌われてたりして、そういうのが好きなんですよね。

へそんが4位に入ってるってだけの話なんですけど
えらい長い記事になってしまいました・・・お付き合いありがとうございました。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/403-a85e2d00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。