新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペパーミント

Posted by JUNE on   0 comments   0 trackback

先週、私もすごく好きだった
そしておそらく、へそんも好きだったに違いない(出た、決め付けw)
「ユン・ドヒョンのラブレター」が終わってしまいました。

この番組は、落ち着いた進行で歌をじっくりと聴かせてくれ、
他の歌番組のような流行りの曲だけではなく、
韓国にはこんなアーティストや良い曲もあるんだと
気付かされることも多かったです。

そして、いろんなコラボが楽しめ、
へそんがSで出演した回、しぎょんがアレックスと一緒に歌った回など
印象に残る場面がいくつもありました。

最近ではわにが出た回で、
2集でカバーした「왜 그래」の作曲者キムヒョンチョルさんと一緒に
「うぇぐれ」歌ってたのもすごい印象的でしたよね。



YDHさん含めた三人でのギターもよかったですし、
なにより、「こんにちは、神話のメンバー、キムドンワンです」って挨拶したあと
自分で「なんか神話のメンバーって言いたくなった」って
照れながら話してたのが今見るとなんかせつないですねえ・・・

決してアイドルであることを否定するつもりはないんですけど
こうやってミュージシャンとして認められてる感じがするのが
うれしくもありました。

あ、へそんが出演したときは、妙にうれしそうにくるくる回ってたりしたのが
おかしかったですねえ。(よかったらこちらどうぞ)

で、そんな番組が終わっちゃってさみしいやりきれん、という思いは
すでによそ様のブログと別の場所でさんざん語ったので
この後続番組の話です。
(あ、すでにたいがい語ってしまってましたねw)

後続番組は、イ・ハナさん司会の「ペパーミント」で
昨日初収録と記者会見が行われたようです。

イ・ハナさんといえば、へそんが3集で「사랑하기 좋은 날 」の
デュエット相手として選んだ方です。
彼女が出てた「太陽の女」も敵情視察のため
しっかり見ました。
・・・けっこうさばさばとしたかわいい感じの方ですよね


<訂正>
へそんの相手は、イ・ハニさんだと指摘していただきました。
いつまでたっても勘違い癖がなおらず、すいません(汗)
ここちゃん、指摘ありがとう!!


ドラマの中でも、何回か彼女が歌うシーンがあるのですが
お父さんが有名な作曲家さんだそうで、
彼女自身も音楽的才能もあるんでしょうね。
YDHさんが持つ独特の雰囲気は、だれかがとってかわれるようなもんでもないですが
彼女の番組も一応期待してます。


初回のゲストは、イスンファンさん、パクヒョシンさん、そして作曲家のイビョンウさん。
ひょしんさんといえば、韓国版の「雪の華」で有名なあのハスキーボイスさんです。
それにしても、この歌は韓国の歌手や俳優さんが日本でライブやファンミをすると
しょっちゅう歌われますよね、皆さんよっぽどお好きなんでしょう。

で、イスンファンさん? ん~なんか聞いたことある・・・と思って
ぐぐってみたら、WINTERSTORY2007の「THE SNOWY NIGHT」を作曲された方でしょうか?
たぶん同一人物ですよね。
その他、豆知識としては、ちぇりむさんの元だんなさんだそうです。
・・・ってそんなことはどうでもいいですね。
こんな感じの歌を歌ってらっしゃるようです、(→おっとけ さらに くれよ
SNOWY~とは雰囲気がぜんぜん違いますけど
なんか一昔前のドラマの盛り上がるシーンで流れてきそうな曲です。
(実際、古い曲です)
でも、最近は随分と雰囲気もかわって、こっちのほうがSNOWY~に近い・・・
う~ん・・・でもないか。(→jerry jerry go go
ここに、「苦笑」と入れておきたい。

あと作曲家のイビョンウさんは、ギタリストさんでもあって
「王の男」とか「スキャンダル」などのサントラも手掛けてる人ですね。

・・・とこういうふうに見てくると、YDHラブレターテイストはしっかり受け継いだ番組に
なるようですね。
もともと視聴率の問題とかではなく、YDHさんが音楽活動に力を入れたいということで
降板されたようなので、番組の制作スタッフなんかはそのままなんでしょうか?

ま、とにかく。

へそんさんもゲストに呼んであげてください。

・・・とこれを言うためにずいぶんと時間を費やしてしまいました。
もう流行に乗れる歳でもなくなってきたと最近つくづく思うんですが・・・
若者のことは横目で追いつつも
また別の方面の探索も進めていきたいと思ってます。

年末は特に○○大賞みたいなのもどんどん開催され
それはそれで華やかで見たくなるんですけど
やっぱりそういうのってごくごく一部だけの話ですよね。
特に大きな事務所に所属してないと、難しいものもあり・・・
今、韓国は特に音楽業界も大変みたいですけど
売れそうな音楽を戦略的に作ってかわいい子を集めてグループ作って売ってく、
という形もたしかに見てる分には楽しいんですけど
似たようなのがどんどん出てきては飽きられて・・・の繰り返しみたいな
ことになってますよね。
(ま、シナも最初はそうやってスタートしたわけですがw)

そういう「売れ線」じゃなくても
本当にいい音楽を、いい歌を歌っている人たちも
私があんまり知らないだけでたくさんいらっしゃると思います。

そういう人たちにスポットが当たる番組であってほしいですね。

そして、シナのメンバーたちもそろそろこういう大人路線に行く時期が来てるんじゃ
ないでしょうか。
アイドルって長くやってると、どうしてもセルフパロディみたくなってくじゃないですか。
日本で言うとヒロミゴーみたいな・・・
あれはあれで、ひとつのスタイルですけど
メンバーもいい感じに年齢を重ねてきた今、
出る番組も限られてくるかもしれないですけど、
いい歌を歌ってる、と言われる歌手でいてほしいと
願ってます。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/292-3e13d7c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。