新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ

Posted by JUNE on   2 comments   0 trackback

これ、あくまでも妄想です。
カンタさんのお誕生日祝いに(って喜んでるのは私だけなんですけどね)
書いてみました。

私の中では、へそんは実はピアノもけっこう弾けることになってます(笑)


もうすぐ今日じゃなくなってしまう。
へそんからあの部屋で待ってると言われても
今日はファンとのセンパもあったし、時間のすべてを
やつのために使うわけにもいかない。
だけど、できれば今日のうちに会いたい。
無駄だとわかっていても、走っていきたい気分だ。

タクシーを降りて電話をすると、勝手に入ってきてという返事。
僕の誕生日のためになにか用意してくれてるのかも。。。
あまり期待するなと自分に言い聞かせつつも
今年の誕生日は僕にとってもなにか特別なものだし
へそんにとってもそうであってほしいというわがままな思いも消せない。

エレベータを降り、自分で鍵をあけて入る。
玄関にまでいい匂いがたちこめている。

へそんが、そこだけ明かりのついたキッチンでなにか料理をしている。
へそんは、料理が趣味だとインタビューなんかではよく話しているけど
実家に戻ってからはおんまが作ってくれるからほとんど料理はしてない。
ここにきて、たまに気まぐれに作ってるだけだ。

「へそん、ただいま」
声をかけると、
「ここ、俺の家だから。お邪魔しますって言えよ」
「・・・お邪魔します」
つい、へそんの言うことは聞いてしまう。

「冗談だって。おかえり」
「ああ」
「それから。。。誕生日おめでとう」
「ありがとう」
「わかめスープ、もう飲んだだろうけど
 俺の作ったのは特別だから一緒にお祝いしよう」
「ああ」
「今夜のメニューはわかめスープとのりとケーキとワインだ」
「じゃ、お皿はどれがいる?」
へそんの言う通りに食器棚から皿やグラスを用意する。
いつものリビングに運ぼうとすると、
「今日の後片付けは俺の係りだから、少しでも楽できるように
 ここで食べるぞ」
「・・・誕生日なのに?味気ないな」
「いいからいいから」
誕生日とはいえ、へそんの言うことには逆らえない。
キッチンの片隅に置いてある小さなテーブルに言われたとおりに
皿を並べる。
今日のセンパどうだった?というへそんの問いかけに
さっきの幸せな気持ちがよみがえってくる。
その様子を思い出しただけでまた涙が出そうだ。

「お前、また泣いたんだろう」

・・・ばれてる。

「だけど、本当に感動的だったんだぞ。
 今まで僕を支え続けてくれたファンだからな。
 一時的とはいえ、離れるのはさみしいし」

必死に言い訳しようとしても、へそんのにやにや笑いを見ていると
もういいか、と思えてくる。
どうせ、全部ばれてるんだから。

「お前、俺とも離れることになるの分かってるよな」
「ああ」
「だから今日は特別なプレゼントがあるんだ」
「ほんと?」
「ああ、こっちにこいよ」
そう言って、へそんがリビングに入っていく。

何度も来たことがあるこの部屋が今日は違って見える。

。。。ピアノがあるからか。

「これ・・・?」
「プレゼントだよ」
イスをひいて、へそんがピアノの前に座ち、でたらめに鍵盤をたたいている。
「ちょっと詰めてよ」
僕も隣に座って、ピアノの感触をたしかめる。
「ありがとう」
「おい。お前はピアノ持ってるだろ、これをあげるわけじゃないから」
「え?」

「よし。聴いてろよ」

そう言ってへそんがピアノを弾き始めた。
でたらめにしか弾けないのかと思っていたけれど
ちゃんとメロディになっている。
いつの間に、ピアノが弾けるようになったんだろう。

♪You are so beautiful to me~~~

へそんがピアノを弾きながら歌っている。

「プレゼントはこっちだよ」


You are so beautifulTo me
You are so beautifulTo me
Can't you see

You're everything I hoped for
You're everything I need
You are so beautiful to me
You are so beautiful to me

You are so beautiful to me
Can't you see
You're everything I hoped for
You're every, everything I need
You are so beautiful to me

「おめでとう」
「ありがとう・・・ピアノ弾けたんだ?」
すごくうれしくて、その気持ちを伝えたいけれど
こういうときには言葉じゃなくて、涙が出てくる。
あれほど僕が誘ってもぜんぜんやりたくない、僕には歌があるから
それ以外はタンバリンくらいで十分だって言ってたへそんが
僕のためにピアノを弾いてくれた。

「うれしいよ」
「・・・ダンスも飽きたから、ピアノ練習してみたんだ。
 お前の特別な誕生日に披露できてよかった」
なんでもないよ、ってふうにへそんは言うけれど
このハードスケジュールの中練習するのは大変だったことは
僕もいちからピアノを始めたときに苦労したし
よくわかる。

そうだよな・・・やっぱりへそんも僕のこと・・・

「お前が帰ってくる頃には、もっとうまくなってるよ。
 ステージでもピアノ弾いて歌えるくらい」
「ああ、二年もあれば大丈夫だよ」
「・・・二年か。」
「うん」
「長いかな」
「わからない・・・だけど行ってくるよ」

きっと、この二年の間に僕はこの夜のことを何度も思い返すだろう。
そして、辛いことがあってもまたこういう時間をすごすためにここに帰ってくるために
がんばろうと思うんだろう。

「ありがとう」
「ここに・・・ぼくたちの部屋に帰ってこいよ」
「うん」

まだ入隊もしていなにのに、除隊の日が待ち遠しい。

スポンサーサイト

Comment

ひろ says..."ぎりぎり年内に間に合った?"
JUNEさん、あんにょん♪
今年も残りわずかとなりました~(汗)
最後に。。。。。
今年はなんとかお会いできて嬉しかったですv-10
ピアノと書いてあってドキっとしました。
私に練習しろって?
あはは。ヘソンの話だったんですね。
ヘソンがほんとに弾けるなら連弾したいですv-238んでもって肩とか手とか触れちゃって~。
いえいえそんなことではなく(爆)
来年もブログを楽しみにしています!
2007.12.31 23:56 | URL | #TY.N/4k. [edit]
JUNE says...""
>>鍵コメSさん
あけましておめでとうございます。
先日はメールどうもありがとうございました。

おほめいただいて嬉しいです。
私も「ピアノ」っていうだけで反応してしまうひとりです(笑)
・・・これには、へそんにピアノを教えたのは・・・っていう
サイドストーリーもあるんですよぉ。

洞察力・・・というか、観察好きなんでしょうね。

また今年もこんな感じでやってきますんで、
お付き合いくださいね。

Kさんは行ってしまっても、その分までHさんが
がんばってくれると思います(笑)



>>ひろさん
あけおめです。
先日は、メールありがとうございました。
あの少し前に、埼玉在住の友人から「今年は富士山がきれいに見えtてる」って
メールが来てたんですよ。
だからそのあとにひろさんからの写メ見てびっくりしちゃいましたよ!!

ほんの一瞬ごあいさつしかできなかったので
今年はまたゆっくりとお話できればいいなあと
思ってます。

あ、連弾いいですよね~
私も最近まじでピアノ習おうかと考え中なんですよ。
ひろさん、私と連弾の練習して、へそんさんとの連弾に備えますか?
それにしても、ピアノを一緒に弾くっていうドラマとか映画の名シーンって
多いですよね。
キムサムスンのサムスンとジノンとか、「月とキャベツ」の
まさやんとか・・・
とにかく、へそんさんにがんばってほしいですね。

では今年もよろしくです。
2008.01.02 23:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/267-3e43d38d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。