新・彗星さ~ん☆ は~い!

SHINHWAが大好きです。愛あるつっこみをモットーにSHINHWAについて語るほぼ自己満足ブログです。

スポンサーサイト

Posted by JUNE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へそんの部屋~妄想編

Posted by JUNE on   1 comments   0 trackback

私、言わずと知れた妄想好きです。
妄想=0円(0ウォンでも可)&プライスレスがモットーです。

昨日のへそんの部屋は、いろいろと妄想心を刺激してくれたのですが
今日は完全妄想の話なんで興味のある方だけどうぞ~


200710090805231001_1_20071120140120.jpg


以前にこの二人が一緒のTシャツを着てるという情報をyoun-aさんからいただきまして
そのときに書いた妄想話です。

カンタさんの日本コンサートのすぐあとくらいに書いたのでちょっとネタが古いですけど
カンタさんのお誕生日祝いをなにもできなかったので
ここでおめでとうの気持ちをこめて・・・って私が喜んでるだけでカンタさんにはぜんぜん
うれしくもなんともないですか、ま、いいですよ。
気持ちです、き・も・ち

ちなみに、私の妄想のなかでのヘソンさんの部屋は高級マンションの隠し部屋(笑)
おんまとお習字してるような良い子のへそんさんはいないんですよ~
インテリアも大きめのソファとホームシアターがあるリビングとキッチン、
そしてベッドルームと衣装部屋だけなんです。
私のもうひとつの趣味は不動産広告を眺めることなんで頭の中では間取りもばっちりです!!




『ショコラ』

来年には行く。
そう決めてはいるものの、いつどこでどんなふうにそれを
伝えればいいのか・・・ずっと悩み続けている。

もうすぐ日本でのコンサートもある。
韓国や中国とは勝手が違うし、日本のファンは年齢層も高いということは
この間のファンミーティングでも実感してきたばかりだ。

そして、今回は今までとは少し違うライブにしようということに
なったものの・・・
無理をして自分を作らず、自分の好きな音楽を自分の好きな人に伝えたいという思いは
遂げられているし、充実感もある。
ただ、これをファンがどう受け止めてくれるのかは心配でもある。
つらいあの時期も自分を信じて支えてくれたファンの期待を裏切ることにならないか・・・
プロデューサーまで自分でやることになった以上、ますます責任も大きい。
後輩たちは、いつのまにか日本でも真剣に活動に取り組んでいて
反響も大きい中、自分が失敗するわけにはいかない。

・・・考えれば考えるほど、飲まずにはいられない。

結局今日も気心の知れたスタッフたちと飲んでいる。
本当はあいつに電話したかったけど、今2集活動のまっただなかのヤツは
忙しそうで、こちらからは連絡をとりづらい。
カラオケで「ショコラ」を9回歌っても、気分が晴れない。

ぼくがこればっかり歌うときは、みんなしょうがないなあって顔をして
だまって聴いてくれる。
ありがたいけれど、誰かに止めてもらいたい。
あいつだったら、
「もう、やめろ!!聴き飽きた!!」って言ってくれるだろう・・・
ボクってばかみたい・・・小さく自分を笑ってみる。


みんなの分を精算して、
「先に帰るよ。お疲れ様」
とカラオケボックスをあとにした。
タクシーをつかまえて、後部座席に座るとまたあの歌詞が頭をぐるぐる回る。

「あの・・・やっぱり×××まで」
運転手さんに行く先の変更を告げる。

行ってみて、いなければ帰れば良いさ。
そう思って、へそんの部屋に行くことにする。
合鍵は持ってるし、いつでも行こうと思えば行けるんだけど、 合鍵は一度も使ったことはない。

エレベーターで高層階にある部屋まで一気に上る。
一応チャイムを鳴らすと、あっさりと扉が開く。

「ちゃんと確認してから開けないとだめだよ」

思わずこっちのほうがびっくりしてしまった。
へそんはおかまいなしに、

「なんか、来るような気がしてたから。入れよ」

さっさと部屋の中に入っていく。

「今日もテレビ出てたね、喉大丈夫じゃなさそうだけど・・・大丈夫?」
「大丈夫じゃないけど、歌ってるよ。
 それにしても・・・酒もたばこも我慢して歌ってるおれのところに
 よくそんだけ酒のニオイぷんぷんさせて来られるもんだな~
 お前、シャワー浴びて来いよ」
「お前のあとでいいよ。」
「ああ、今日はなんか変なバラエティにも出たから、
 テレビ局で一回シャワーしてるんだ。」

そう言われると、なにも考えずに来てしまった自分が恥ずかしくなる。
だけど。ここは逆らわず、シャワーしてくることにしよう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


とりあえず、タオルを腰に巻いたままでソファに座る。
「水、くれよ~」
と言うと、キッチンの冷蔵庫からボトルのミネラルウォーターを持ってきてくれる。
「はい」
と手渡しながら、ボクの隣に腰をおろす。

キャップを開けて、一気に半分くらい飲む。
「なんか。。。生き返ったみたいだ」
「大げさなヤツだな~」

ここに来て、こうやっているだけで、さっきまでのもやもやは
なんだったんだろうとさえ思えてくる。
自分の居場所みたいな気がする。

こうやっていられるのもあと半年・・・
せっかく消えかけた憂鬱な気持ちがまたよみがえってくる。

「・・・おい、なんか着ろよ」
へそんの言葉でわれに返る。

「ああ・・・でも着替え持ってないよ」

「じゃ、裸でいろ」

「普通なんか貸すだろ?」

「・・・俺って普通じゃないからいいんじゃないの?」
あはは、とあの声で笑う。

ソファの端にたたんで置かれたTシャツが目に入る。
「おっ、これいいじゃん」
「だろ?この間の撮影で気に入ったから、スタイリストさんに
 おねだりしてきたんだ~」
「そっ。じゃ、これ借りるぞ」
「だめだよ~明日着ようと思って出しておいたんだから」
 
へそんは、いつも次の日に着る洋服を準備してから寝る。
小学生みたいだからやめればいいのに、とからかうこともあるけれど、
朝の一分でさえ惜しい気持ちも分かるし、外にでると「シン・ヘソン」だから
かっこ悪いところは見せたくない気持ちも理解できる。

「おいおい、そんなうらめしそうな目すんなよ。
 今日は特別だぞ。お前ががんばれるように・・・ほら、着ろよ」

頭からTシャツを着せてくれた。

やばい、涙が出そうだ。


「明日は?」
「。。。ん、ライブのリハーサルだよ」
「日本の?」
「うん。」
「そっか、どう?」
「今回は、お客さんの年齢層も高めだからバラードとか ゆったりした曲中心だよ」
「いいな、踊らなくていいんだな~」
「ちょっとだけ踊るけどな」
「もう、踊ってばっかりで俺、いい加減いやなんだよなあ・・・
 みぬに叱られないだけシナのときよりもましだけど」
「お前、いまだにみぬに叱られてんのか?」
「だって、あいつダンスのことになると、怖いんだぜ~
 お前は違うグループだったから知らないだろうけど」
「そういえば、今回はヘンボクもやるんだぜ~」
「まだ覚えてた?」
「今までもちょくちょくやってるからな」
「俺、今うしゃうしゃ!とかやろうと思ったらまた一からレッスンしなきゃ
 踊れないだろうなあ」
「・・・ホントに下手だったもんなあ」
「あああ!!!!初めて会った頃の話はもうやめてくれよ」

他愛もない話をしているだけで、和むのはこの笑顔のせいだろうか。

「なんか、大変そうだけど、がんばれよ。
 お前の好きな音楽を分かってくれる本当のファンはいっぱいいるから。
 外見だけじゃない、歌もハートもすごいヤツなんだって
 伝えられるライブなんだろ?」

「・・・多分」

「多分、かよ~。行けなくてホント残念だよ」

「そうだな。俺とジフニはお前の夏のライブに参加もしたのにな」

「・・・でも応援してるから」

俺の複雑な気持ちも分かってくれているんだろう。
あまり言葉にしなくても、こうやって伝わってくるから・・・

「もう寝るよ。おやすみ。」

「ああ。おやすみ。パンツはいて寝ないと風邪引くぞ」

そういって、へそんがグレィの下着を投げてよこした。

ここに来てよかった。

ボクは10回目のショコラを口ずさみながら眠りに落ちた。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


カンタコン不参加の方には意味不明なところもあると思うんで ちょっと補足説明です。
ライブで、「ショコラ」っていう安全地帯の曲を歌ったかんたさん。
「酔っ払って、カラオケで10回くらい歌う」と言ってました。

そして、ライブの日はカンタさんのグレィの下着がちらちら見えていたという
報告を受けたので(笑)

歌詞は↓↓↓

【ショコラ】

息が溶けて朝露となる
天窓に切り取られた 藍色の小さな空

感じたい 甘い甘い痛みを
こうしてまだあと少しだけ
抱えていたい 甘い甘い痛みを
かえさない まだ 今だけはボクのもの

夢が溶けた熱めのショコラ
唇をとがらせて ゆっくりと冷めるのを待つ

感じたい 甘い甘い痛みを
ふたりひとつになって
抱えていたい 甘い甘い痛みを
今だけは僕のもの

感じたい 甘い甘い痛みを
こうしてたい もう このままずっと
抱えていたい 甘い甘い痛みを
かえさない もう永遠にボクのもの

カップの底に残ったショコラ
ひといきに飲み干したほろ苦さ 冷たく

スポンサーサイト

Comment

JUNE says...""
>>鍵コメCさん
こんにちは~
カンタさんのリアルバースディはどんなだったんだろうね?
やっぱり最後はへえさんと・・・v-238かな?
むん先輩が帰ってきて、「カンタの分もがんばるっ」って言ってたけど
やっぱりへぇさんのお相手はむん先輩には無理よね・・・(笑)

また書いたら、速攻送るから!!

そして・・・ジニの前髪なあ。
「ジニの中華モリに反対する会」でも結成するか。
ちなみに、トモつんはあの前髪でもぜんぜんいけるらしいよ~
2007.11.22 10:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lovecometjune.blog80.fc2.com/tb.php/246-22b9bb76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。